カードローン 見直し

必用な家計の見直しについて

日本の学校でもお金の使い方を教えるべきだという人もいます。たしかにそうかもしれません。

 

よく言われることに、「宝くじが当たって資産家になった人は、3年後には必ず悲惨家になっている」という言葉がありますが、それは急に大金を手にした人はお金の正しい使い方を知らないので、散財をして全てを失ってしまうというのです。

 

それほど極端でなくても、お金は使い方次第で生活が大きく違ってきます。たとえ同じ収入でも、素敵に暮らしている人とそうでない人がいます。

 

家計もせっせと節約しているつもりでも、どこかで漏れているかもしれません。どこかに無駄がないか点検してみてください。本当に無駄が省けたら、もっと豊かに暮らせるはずです。

 

例えば化粧品です。化粧品は高額なもの=決して良いというわけではありません。高額な値段のなかみは宣伝費が大部分を占めているかもしれません。

 

ギャラの高い女優さんや俳優さんを使えば、庶民人は想像もつかない費用がかかります。それと、不必要なミエを張るとお金は貯まりません。貧乏人ほどミエを張るといいますが、お金持ちはミエを張る必要がないのでミエを張りません。

 

もし、いつも生活費が足りなくて消費者金融を利用していたら、もう一度家計の見直しをしてみてください。残念ですが、消費は美徳などという言葉はとっくの昔に消えました。生活費が足りなくていつも消費者金融を利用していたらさらに苦しくなるばかりです。どうしても困ったとき以外は消費者金融を利用しないと、腹に決めることをおススメします。