消費者金融 借り過ぎ

消費者金融で借り過ぎは自己破産に

簡単に借りられるからといってつい借り過ぎてしまうのが消費者金融からの借入です。

 

借金は癖になりやすく、借り過ぎて返済不能に陥り自己破産をする人が年々増え続けていますので注意をしてください。

 

自己破産をする人の多くが、複数の消費者金融から借り入れをしています。1社からの借入で自己破産になるようなケースはまずありません。

 

一つの消費者金融の返済に困って、仕方なく他の消費者金融から借り入れをして返済に充てることを繰り返して借り入れが膨らんでしまった人もいます。返済のための借り入れをしているので、高額な借金になってもなぜこんなに借金が多くなっているのか自分でもわからない人が多いのも現実です。

 

返済不能の状態に苦しんで精神的に病んでしまう人も多く、なかには自殺してしまう人もいます。精神的に病んでしまう人に多いのは、自己破産をすると人間性まで否定されて、今後まともな社会生活ができないのではないかと恐れたり、会社を首になるのではないかという恐怖心から精神的病んでしまうことです。

 

しかし、自己破産は消費者金融などの借入が返済不能に陥った救済措置で借入金をキレイにして、人生の再出発が可能にするために行うものです。

 

自己破産をしても会社や周囲に知られることはありません。選挙権が無くなるとも噂されていますが、選挙権がなくなることもありませんし、自己破産をしたのを理由に会社から解雇されるようなこともあるません。自己破産を理由に解雇をしたら不当解雇ということで訴えることもできます。

 

どうでも困ったら、弁護士など法律事務所に相談することをおススメします。弁護士料も心配になると思いますが、分割にしたりそれなりの方法をとってくれるはずです。