カードローン 利息

消費者金融・生活費を借りるのは危険

消費者金融から借り入れをするとき、借入理由が生活費のためというのは、ほぼ審査が通りません。それは、返済不能に陥る可能性が高いからです。

 

支払に困って借りて、その時は助かったような気がしますが、消費者金融の返済には当然利息がかかりますから、さらに生活が苦しくなることが目に見えています。

 

消費者金融から借り入れをしなくてもよい方法をもう一度検討してみてください。

 

例えばアルバイトをするとかです。今は探せば短期間のアルバイトもかなりありますし、1日だけというアルバイトもあり、そのようなアルバイトは比較的高額なことが多いです。

 

アルバイトに出られなかったら、自分の持っているもので売れるものはないか考えてみてください。貴金属類とか、もう使わなくなって押し入れに眠っているブランド品などなど売れるものが何かないか考えてみてください。

 

売っても必要な金額に間に合わないかもしれませんが、返済するときのことを考えれば、借入額を少しでも減らしておいて良かったと思うかもしれません。生活費の借り入れをする人は、多重債務になる危険が多いと言います。

 

元々収入が少なくて返済に滞るということもありますが、返済に困ると思いつつも、食料品を買うお金が無ければ、借りないわけにはいきません。子供の学校の費用などは節約できませんから、どうしても借り入れをしてしまいます。そういうのが積み重なって気がついたら多重債務に陥っていたというケースがあまりにも多いのが現実です。

 

本当に困ったら、都道府県社会福祉協議会が行っている「生活福祉資金貸付制度」に相談してみてください。都道府県によって違いがありますが、連帯保証人をつければ無利子とか、一般の消費者金融よりも低金利で借り入れができます。ただし、市町村民税がかからないほどの低所得者でなければ利用できません。


モビットの審査を有利にするための工夫

モビットの審査はモビット側が合否を決定しますが、借り手側にもできる対策があります。審査に通りやすい方に共通するのは、借りる金額が少ないことなのです。

 

例えば10万円と30万円を比較した場合、間違いなく前者のほうが借りるのは簡単です。30万円も比較的借りやすい金額ではありますが、10万円よりはハードルが高くなるのは間違いありません。

 

これは消費者金融、銀行などのカードローン全般に言えることですが、希望額を圧縮するほど借りやすくなるのです。借りられない方は無理をしている可能性が高いので、今一度シミュレーションをして適切な希望額を設定しましょう。

 

30万円という金額はローンとしては小さいかもしれませんが、カードローンは金利が高めに設定されているのです。30万円を借りて使い切るのはあっという間ですが、返済するとなると簡単にはいきません。

 

そもそもカードローンの利用をする方は、収支のバランスがほぼ同一というケースが少なくないのです。20万円の収入に対して20万円の出費があれば、お金は1円も貯金できないことになります。

 

ローンを返済していくためには、少なくとも出費より収入のほうが多い必要があるでしょう。毎月5万円も返済に充てることができる人なら、そもそもローンの利用は不要かもしれません。5万円返済できるということは、ローンを利用していなければ5万円の貯金ができるはずなのです。

 

お金は借りるのは簡単ですが、返すのは何倍も難しいと認識しておきましょう。たくさん借りることを考えるよりも、少なく借りる対策をするべきなのです。

 

現在の家計を見直してムダを取り除いていき、節約できる部分は節約していきましょう。家計簿をつければ収支のバランスがよく見えるようになるので、モビットの利用を機会につけてみるのもいいです。

 

それによってムダが見えてきて、節約意識も芽生えてくるものです。節約を上手に行うことで、返済金を増やすことができるでしょう。

 

モビットの審査を有利にするためには、無理なく地道に返済できる借入をすることです。借りる金額は少ないほどよく、これは返済するときになると実感します。

 

1万円を借りるのは一瞬ですが、返すには時間がかかるのです。モビット 審査を受ける前に、家計診断による節約、返済シミュレーションは必ず行っておきましょう。

 

給料から毎月確実に返済に充てられる金額を算出しておくことが大切です。自分にとって無理のない借入をすることが、審査を有利にすることにもつながるのです。